貧血 市販 薬

貧血の薬――――市販品は安全?危険?何が違うの?

市販の薬と病院の薬の違い

貧血で困っているけど、今すぐには病院にいく時間がとれない。だけど、このままだとつらくて日常生活もままならない―――
そんな状況のとき、ひとは市販の薬に頼ろうとします。
貧血において、市販の薬というのはどういう効果があるのでしょうか?風邪薬などがそうであるように、市販品の薬だからといって、「危険である」ということなどあるはずがありません。法律もクリアしていますから、当然安全なわけです。
病院にいくまでのつなぎとして非常に優秀ですし、「病院にいくまでもない」という程度の貧血の場合、「つらくなったときだけ市販の薬に頼る」という使い方をするのが有用でしょう。
市販の薬と病院の薬では、効果が違います。病院の薬のほうが市販の薬よりも当然強いですし、効き目は高いです。このような点も、風邪薬や花粉症の薬と同じですね!

薬とサプリメントの違い

では薬とサプリメントはどう違うのでしょうか?サプリメントはあくまで「補助」食品の一種であり、病気などの治療に効果を発揮するものではありません。足りない栄養を補ったりするためだけのものです。対して薬は、強力ではありますが副作用もあります。そのため、薬に関してかけられる法律の方が、サプリメントに対するものより、ずっとずっと厳しいのです。
いずれにせよ、貧血において、市販の薬はとても強い味方になります。安心材料がわりに、ひとつ、家の薬箱にいれておくのもよいでしょう。常備薬の1つとしてもっておけば安心ですね。もちろん、改善がみられないようならすぐに病院に行きましょう。